レシピ写真をきれいに撮るコツ

おいしくできた缶つま料理。レシピ投稿する時、そのおいしさが伝わるような写真を撮りたいと思ってる方も多いはず。そんなみなさまに、「食べたい♪」と思ってもらえる写真の撮り方のコツをご紹介します!

写真は“横”で撮る

縦で撮影された写真の場合、「みんなの缶つま」掲載時に上下をトリミングして、横の写真に修正してしまいます。配置にこだわって撮影した写真の上下をカットされてしまうのはとても残念なので、「みんなの缶つま」に投稿するための写真は“横”で撮影しましょう。

料理は全体が写るように撮る

あまりアップ過ぎる写真だと、何の料理なのか分からない場合があります。料理はなるべく画面の中央に配置して、全体が写るように撮影しましょう。アップで撮りたい場合はピントをしっかりと合わせ、上下、または左右に余白を持たせるようすると、おしゃれな雰囲気の写真になります。

撮影には“光”が大切

料理の写真を撮影する時には“光”はとても大切です。撮影で“光”というと、フラッシュを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は逆効果。フラッシュの光は強すぎて、白飛びしてしまうことも…。料理を撮影する時はフラッシュを「OFF」にしましょう。
撮影に必要な光は、“斜め上からの逆光”です。「逆光は被写体が暗くなる」と思われがちですが、料理写真の場合は別。逆光を照明代わりにすることで自然に影ができ、立体感やコントラストが生まれ、きれいな写真を撮ることができるのです。
昼間に撮影できるなら自然光を使うのがおすすめです。光の入る窓のそばに料理を置き、逆光を利用して撮影しましょう。自然光が使えない時は、部屋の照明を太陽の代わりにします。真上からではなく、斜め上から照明が当たるような位置に料理を置いて撮影しましょう。

いかがでしたか?どれも簡単に実践できるコツばかりですが、写真の仕上がりは格段にアップしますよ。一番大事なのはもちろん“料理の味”。でもそのおいしさを伝えるのに必要なのは“おいしそう”な写真です。「食べたい♪」「作ってみたい!」と思われるような写真が撮れるように、是非挑戦してみてくださいね。

さっそくレシピを投稿する!
ページの先頭へ