缶つまコラボ

酷暑の悪路ステージを2号車が13位で走破

「缶つま」(ブランドロゴ、食料)を搭載したHINO TEAM SUGAWARA 1号車 2号車は、

<13日>
最大の難所である「フィアンバラ砂漠」を走行。
アンデス山麓の盆地で高温と柔らかい砂丘が特徴。
レース最大の難易度の高いステージ。
雷雨によりスタート時間が順延となり244kmにレースは短縮される。
途中2号車がトラブルに遭うも何とか2台ともゴールする。

<14日>
気温43度、枯れ川、砂地、段差のある固い路面と道なき道の431kmのレース。
オーダーヒートやトラブルに見舞われる車が多い中順調に走行しゴールする。
レースは残り2日間。

<15日>
山間地の山岳路を走行。幅の狭い区間が多くレース距離267km 移動を含めた距離は大会最大の866kmとなった。
2台とも大きなトラブルに巻き込まれる事なく、走行を終えた。
明日はレース最終日。何とかこのままゴールしてもらいたい。

・15日終了時点の順位
1号車 トラック 10L未満 2位
2号車 トラック 10L未満 1位

(レース状況がわかる最新ニュース)
http://www.hino.co.jp/dakar/latest_news/index.html

(応援メッセージはこちらから)
http://www.teamsugawara.jp/cgi-bin/index.cgi

画像提供:日野自動車株式会社

ページの先頭へ